Home > Docker Meetup Kansai #3 (#dockerkansai) 参戦メモ

Docker Meetup Kansai #3 (#dockerkansai) 参戦メモ

Docker Meetup Kansai #3 (#dockerkansai) 参戦メモ

05月 27日

初めてお邪魔させていただきます!

開始時間まで静かに待つのもあれ.. ということで開口一番始まっていました。 Dockerイメージについて一つ、イメージレイヤの積み重ねであること。別々のイメージで同じ親を持つことができるので、複数のホストを立ち上げた場合でも立ち上げが早くなる仕組み。

さくらインターネット株式会社 大阪本社にて、

度々お世話になっております、さくらインターネット株式会社さま! 今回は日本MSP協会のご支援よりお食事まで、ということだそうです。🙏

dockerkansai3-afterparty

余談にはなりますが、有り難くクーポンをいただきました。

sakura-vps

DockerCon San Francisco 2019 (雑な) まとめ

さくらインターネット株式会社の前佛雅人さんの登壇、 DockerCon SF 2019 について掻い摘んで話されました。基本的には Web上の登壇情報をご確認ください。

  1. Docker Enterprise 3.0
  2. DKS (Docker Kubernetes Service)
  3. BuildKitの機能を全て使えるようになった docker/buildx

Dockerfile Best Practices DCSF19を読み込む

引き続き前佛雅人さんの登壇、Dockerfileを書く上での ベストプラクティス について。可能であればすぐに、 Docker BuildKitを使う方が良い。とにかく速度が速くなる。並列性や lazy upload、キャッシュの改良など従来の課題を解決・実現した dockerkitをチェックすべき!

# Docker BuildKit
export DOCKER_BUILDKIT=1

登壇中に紹介のあった BuildKitによる高速でセキュアなイメージビルド は、

Buildkitによる高速でセキュアなイメージビルド

Jupyterhubの DockerSpawnerの紹介

kozo2さんの登壇、 DockerSpawnerの紹介について。 Jupyter Notebook は、クライアント・サーバ型の Webアプリで、 AI・データサイエンスでは無くてはならない存在。 Docker + Jupyter Notebookと比べて、ポート・データのマウントの管理の難が要らず、各ユーザに dockerコマンドの実行を許容する心配も不要になっているとのこと。ただし MLするのに GPUを使えず、現場への実戦投入は遠い模様。

Jupyterhubの DockerSpawnerの紹介

AB test with Docker

chimameさんの登壇、アプリケーションエンジニアとしての側面からアプローチした話をされていました。一定のルールでディレクトリを作成する仕様が理解しづらいこと、異職種間のコミュニケーションコストが高いこと。この課題を解決するため、 target groupごとに ABテストを実施、

AB test with Docker

オンプレでPrivate Registry使ったDockerイメージの運用について

MicroAd インフラチームのやっさんさんの登壇、オンプレでPrivate Registry使ったDockerイメージの運用について。 CircleCIで対応していない BuildKitを使えること、 Portus を使ってリポジトリ上自動で管理するようにした。

オンプレでPrivate Registry使ったDockerイメージの運用について

余談で、

時間が余ったこともありアンケートの時間がありました。 directpoll を使ったアンケート。これは v-kansaiでもやってみようと思った訳ですが、ひとまず今回の参加者層を聞く質問から入りました。アプリケーションレイヤを開発されている方を筆頭に、インフラをメインとされている方も多かったようです。

dockerkansai3-directpoll1

プロダウト環境は東京で AWS/GCPが多く、一方で大阪はオンプレが多いことを実感。

dockerkansai3-directpoll2

Dockerの利用は本番環境でも多かったが、開発環境はそれ以上と。

dockerkansai3-directpoll3

コンテナレジストリは DockerHubが流行りのようです。

dockerkansai3-directpoll4

最後に、

Docker界隈は Docker Osakaみたく、地域名では無く都市名が入っていないと Docker公式としての Meetupができないようで.. 🤔 全世界的にコミュニティ運営は、実に奥の深い世界だなぁと思った瞬間でした。

コメントを残す