Firebaseハンズオン リポート
Firebaseハンズオン リポート
01月 26日

ハンズオン資料

Firebase Hosting + Firestoreで構成されているハンズオン資料でした。上記手順を踏むことで簡単に、取得や追加のロジックを理解できます。

TanakaMidnight/firebase-handson-code

Handson Doc

「教える」初感触でした。

ハンズオン形式は今回初めて。後半にかけて求められていることに対して的確な答えを返す、「チョットデキル枠」として当然のことができ少し安堵でした。近く v-kansaiにおいても Vue.js/Nuxtのハンズオンを行うことも充分考えられ、進め方やリポジトリなど、参考にさせていただいたことも少々。

思わぬ箇所でコケることが普通にあった。

自分の環境で通ったら他人の環境でも、というこの考えは非常に危険!

# 基本的にこれだけで初期化できる(はず)
firebase init

# プロジェクトIDを指定して初期化
firebase init --project 

あくまで一例ですが。。

最後に、

終了間際に簡単な LTセッションもさせていただきました。ちなみに「チョットデキル枠」というネーミングは非常に良いですね!というのは業務でFirebaseを使っている身ではありませんでしたので、敷居の面でサポートしやすかったと思います。

firebase-hands-on-osaka-forkwell

今回 Forkwellさまのご協力あって懇親会をさせていただきましたが、今後 v-kansaiでも協力したいご企業様がいらっしゃいましたら、ご気軽に @jiyuujin までご連絡ください。

お問い合わせ
タイトル
メールアドレス
詳細

あわせてよみたい..

-----