Web猫ブログ
V-KANSAI #3 を開催しました!
V-KANSAI #3 を開催しました!
02月 28日

総括!

色々あった2019年2月も最終日の28日。この日地元京都で Vue界隈もミートアップを開催できたことは、非常に喜ばしく思います。来月以降、毎月関西で開催していきますので、何卒よろしくお願いいたします!

勉強会支援プログラムを利用しました

Nota inc.さまの提供されている Scrapbox勉強会支援プログラムを初めて利用しました。サービスが始まって以来、初めて v-kansai #3 が第1号となったようですね。Vue Beerならぬ、かわゆいキャラの描かれたビールが特徴的です。

scrapbox-beer

良ければご利用を検討くださいませ。

Scrapbox勉強会支援プログラム

座談会形式を取り入れました

前半は登壇/LTをメインとし、後半を座談会形式としました。どうだったでしょうか? 今回限りアンケートを取っていないので、詳しくはわかりません。ですが SSR(サーバサイドレンダリング)時でつまづいたことやオススメのパッケージなど、少々盛り上がる話題もあり、全体としては安堵したところでした。

一部日常的に抱いていた課題を解決できたこともあり、為になったとも捉えています。今後もv-kansaiは様々な形式を模索して参りますので、ご意見ご批判は忌憚無くお寄せください。mm

掻い摘んでご紹介

できる VueNative

Firebase-Osakaオーガナイザー @TanakaMidnightさんの登壇、なにかと話題のVue Nativeの話。ビルドすると上手く動かない、という事象は流石に2月にもなって解消されているようです。ただし、React Nativeを理解していないと、Vue Nativeを作れないこの現状はどうかと思うことしばしば。

コンポーネントライブラリVuterialを作った話

フリーランスプログラマ 八木大介さんの登壇、MaterialDesignの勉強のためコンポーネントライブラリを作った話で、Vuterialを公開しました。登壇ではvue-cliを使う想定で始めたところから、実際に公開するnpm publishまでの工程を詳しく話してくれました。v3になってからvue-cliではプラグインを簡単に作れるようになっているので、参考になると良いかと思います。

UMDをVue-CLI3で読み込む

LINE株式会社 @tech_manyさんの登壇、UMDのライブラリでパッケージを作った話。ビルドするとUndefinedエラーが発生する場面に直面。その原因はGithub issueを見たところ、vue-cliのBabel設定にありました。最近の動向から目が離せないことを物語るワンシーンとなっていました。

UMDをVue-CLI3で読み込む

Vuexのアプリケーションをスナップショットテストする

NodeFestオーガナイザー @shisama_さんの登壇、フロントエンドでテストしてますか、で始まりました。Action/Mutationで各Stateに何が入っているか、異常系となっていないかどうか、確認する必要があります。vuex-snapshotを作った話がメインで、差分を見てリグレッションテストを試してPRをくださいということでした。

Vuexのアプリケーションをスナップショットテストする

最後に、

次回来月 3/20に #4が開催予定です。

v-kansai #4

コメントを残す

タイトル
メールアドレス
詳細

あわせてよみたい..

-----