IDE のエクステンションに何を使っていますか
📐

IDE のエクステンションに何を使っていますか

#IntelliJ#VSCode

By jiyuujin at

下記イベントに伴う記事のひとつとして書かせていただいた。

筆者 (私) は IntelliJ や VSCode の二刀流として Web 界隈に生息している。

可能な限り IntelliJ 上で済ませるようにしており Docker (MySQL や PostgreSQL) なども IntelliJ 上で動かしている。

私がお世話になっているエクステンション

私自身少ないなりにもエクステンションをインストールしているが、エディタの機能をフル活用している訳でもありません。

ちなみに Vetur や Flutter Intl は固有のフレームワークを使う際に便利なエクステンションで、全てのデベロッパが必要になる訳ではありません。

  • Git Graph
  • Bracket Pair Colorizer 2
    • IntelliJ では Rainbow bracket
  • Code Spell Checker
  • Draw io integration
    • IntelliJ では Diagrams net Integration
  • Remote Containers
  • Vetur
  • Flutter Intl
    • IntelliJ でも Flutter Intl

またエクステンションでは無いものの、ファイル保存時に自動で ESLint fix してくれる機能がある。 IntelliJ では File Watcher という機能が存在する。

VSCode でも setting.json に下記設定を追加することで同様の機能を実現できる。

{
    "editor.codeActionsOnSave": {
        "source.fixAll.eslint": true
    }
}

Git Graph

コミット履歴をツリー形式で表示してくれる。

Bracket Pair Colorizer 2

対応する括弧を色分けして表示してくれる。

IntelliJ でも同様のエクステンションが存在する。

Code Spell Checker

スペルミスを検出してくれる。

Draw io integration

設計図を描画してくれる。

IntelliJ でも同様のエクステンションが存在する。

Remote Containers

Docker 内で VSCode Server を動かす。ソースコードはボリュームマウントするため Docker 内から見える (VSCode で編集できる)

Vetur

言わずと知れた Vetur で Vue ファイルを操作しているとオススメのメッセージが表示されるため、ご存知の方も多いでしょう。

Flutter Intl

pubspec.yaml に必要なライブラリ書いてインストールする。適宜初期化してロケールを追加すれば、自動で /lib/generated に吐き出してくれる。

IntelliJ でも同様のエクステンションが存在する。