🍇

useContext の内側を理解する

#React#TypeScript

By jiyuujin at

useContext

useContext は広範囲かつ様々な階層で必要となるデータを保持する場合に使われます。ただし、全てのコンポーネントをグローバルな状態に直接依存させるのは決して良いとは言えません。

もちろんコードが拡張されると、テストが書き辛くなることを挙げられます。

それを解決するため、通常のコンポーネントを作成し、必要なデータにアクセスできるようラップします。

やっていることを掻い摘んで話すと下記の通りです。

  • createContext で生成した Context を、状態 (Store) として管理する
  • Content の Provider で囲み Scope を決定する

ここで管理されている状態 (Store) は useStateuseReducer で生成した State や Dispatch にあたるものと考えてください。

  • Store を利用する際 useContext を利用して状態を取得する
  • Store に格納した State から状態を読み取ったり、また Store に格納した Dispatch から状態を変更する

なお、下記の例で示すようにログイン中のユーザ情報や、ダークモードに代表されるスタイルを保持できます。グローバルで管理したい場合などに役立てることができます。

さらに useContext の内側を理解する

率直に Context 値に対して更新を最適化できる Context API では changedBitsobservedBits を指定する必要があります。

この observedBits は Context に隠された機能です。

Context を把握するために、ビットマスクが使用されていることを理解する必要があります。

const calculateChangedBits = (currentValue, nextValue) =>
  nextValue.value % 2 === 0 ? 0b10 : 0b1;

これから扱う数字は全て偶数か奇数、関数 calculateChangedBits は常に 0b10b10 を返します。

これを利用することで新しい Context を作成し、適切な observedBits プロパティをコンシューマに提供します。

import { createContext } from 'react'

const { Consumer, Provider } = createContext(null, calculateChangedBits)

render(
  <StateProvider initialState={{ value: 0 }}>
    <Counter label="Current value" observedBits={0b11} />
    <Counter label="Odd" observedBits={0b1} />
    <Counter label="Even" observedBits={0b10} />
  </StateProvider>,
  document.getElementById("root"),
)

0b10b100b11 の「観測ビット」にあたるもので、省略した部分を含めると最初のカウンタは毎回再レンダリングされます。

  • 2 番目のカウンタは、関数 calculateChangedBits0b1 を返した時にのみ、レンダリングされる
  • 3 番目のカウンタは、関数 calculateChangedBits0b10 を返した時にのみ、レンダリングされる

このようにどれを更新すべきか boolean 値の状態を効率的に符号化できることが、ビットマスクを選択した理由のひとつになります。

Context API の詳細について、下記 記事 をチェックいただきたい。

Bitmasks and the new React Context API

なお、かつてパフォーマンス最適化のため Context API における observedBits の使用を検討していた issue はこちらです。

Investigate use of context + observedBits for performance optimization

useContext を使った事例

useContext の利用でパブリックオープンな事例をもうひとつ列挙します。それが VS Code Conference JP 2021 公式ウェブサイトにおけるダークモードの実装です。

https://vscodejp.github.io/conf2021/ja/

先のユーザ情報保持と基本的に useContext がやっていることは何も変わりません。

もちろんこの事例にかかわらず、一般的なダークモードを実装する場合でも、この useContext は有効な手段のひとつです。

@jiyuujin が中心となり VS Code Conference JP 2021 の公式ウェブサイトにコントリビュートさせていただいた。なお、こちらのウェブサイトでは useContext と localStorage を利用して、テーマを保持しています。

先日、当ブログで書かせていただきました。下記 記事 をチェックいただければ幸いです。

VSCodeCon JP 2021 サイトの内幕