V-KANSAI もくもく会 5
06月 13日

はじめに

先月に引き続き今回もオンラインで開催となった v-kansai もくもく会 #5 の振り返りを、 Keep / Problem / Tryの観点で簡単に振り返ってみます。

Keep : 良かったこと / 今後も続けたいこと

遅ればせながら、Lintを導入している全リポジトリに対して ESLint v7 / @typescript-eslint v3 更新を進めました。

それぞれ詳しい部分は以下、公式リリースノートをご確認ください。

https://eslint.org/blog/2020/02/whats-coming-in-eslint-7.0.0

掻い摘んで気になった点を中心に書くと、

ESLint v7

  1. Dropping support for Node.js v8.x
  2. instead use eslint-plugin-node
  • callback-return
  • global-require
  • handle-callback-err
  • no-buffer-constructor
  • no-mixed-requires
  • no-new-require
  • no-path-concat
  • no-process-env
  • no-process-exit
  • no-restricted-modules
  1. use with --config or --ignore-path

@typescript-eslint

  1. Dropped support for Node version 8

  2. Dropped support for TypeScript 3.2

  3. configs

 extends: [
   "recommended",
-  "plugin:@typescript-eslint/eslint-recommended",
   "plugin:@typescript-eslint/recommended"
 ]

このLintプラグイン更新と同時に、目下進めている自身の管理画面 (Nuxt + Firebase Auth) で Vue3.0 に伴うチャレンジから、コンポーネント刷新まで幅広い作業を進めました。

今回もオンラインで知見を共有し合えたこと。前日に開催された remote.vue #1 での共有が多数を占めたように思いますが (私も遅ればせながらBGM感覚で動画配信を確認させていただきました) オフライン開催後の懇親会同様、おのおの感じることを認識・共有する機会を持てたのは大変良かったと思います。また情報を共有する手段こそ前回使ったzoomではなく Spatial chat でした、一時聞こえづらい点などありましたが基本的には問題なく進められたものと思います。

Problem : 上手く行かなかったこと

イベント運営上、参加率が芳しくなかったこと。もちろん予定通り参加された方は問題無いのですが、それ以外の方はどうなんでしょう、という思いがありました。また、決まって喋って共有する人間に偏りが出てしまっていたこと。オフライン開催であればまだ、こちらから声がけをして手助けできることがあれば、などの対応ができる訳で、この辺りは前回以上に悩ましい結果となりました。

Try : 今後実施すること

粛々と自身の作業を進めて、プロダクトを高みに持って行きたい!

最後に、

次回の もくもく会 #6 の予定は現在未定ですが、早ければ来月にもやりたいと思っています。

あわせてよみたい..